音楽集団三頭の象は指揮者永峰大輔氏が中心となって2007年に発足した音楽集団です。
『音楽集団』という言葉が示す通り、オーケストラ、室内合奏、金管・木管アンサンブルなどひとつの形態にとらわれず多彩に変化するスタイルをめざしています。



1977年千葉県生まれ。洗足学園音楽大学附属指揮研究所を経て、フランツ・リスト音楽院、メクレンブルク・フォアポマーン州立歌劇場にて研鑽を積む。2008年にはエレアザール・デ・カルヴァーリョ音楽祭に客演指揮者として招聘され、日伯移民100周年を記念する演奏会を指揮し絶賛を受けた。

これまでに、名古屋フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、大阪交響楽団などへ客演。2012年4月から2015年3月までは、神奈川フィルハーモニー管弦楽団副指揮者として、主催公演を含む年間20公演以上を指揮し、演奏会企画にも直接関わるなど、実績を積んできた。

2011年にウクライナ、チェルニーヒフフィルハーモニー主催の指揮マスタークラスにて、最優秀指揮者賞である「ニコライ・バセーリビッチ賞」を受賞。2014年にはアメリカ、アトランタで開催された第5回ICW国際指揮コンクールにて最優秀指揮者に選出された。

2015年10月より、NHK交響楽団にて首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィのアシスタントを務めている。



永峰大輔公式ホームページ


音楽集団『三頭の象』ホームページ お問合せ:santou_koho@yahoo.co.jp
facebook:https://www.facebook.com/thethreeelephants