レベルに合わせて最適な授業が受けられる大学受験予備校の四谷学院

いきなりレベルの高い授業を受けてもダメです

しかし、テストで客観的に評価されて決められるのであれば、それぞれにふさわしいクラスが見つけられるはずです。
55段階の個別授業についても、そうした客観的な学力に合わせて選択されます。
大学受験といっても、生徒ごとの学力と目指す大学のレベルが異なるので、同じ教育を施すわけにはいきません。
上は東大レベルから、下は中学生レベルの55段階の教育を用意していることは、いかなるレベルの人であっても自分の目標と現状レベルに合わせた選択ができる点で優れています。
従来型であれば画一的でそれが合わずに途中でやる気をなくしてしまったという方も、自分に見合ったレベルなのであれば、やる気がなくなってしまうこともありません。
社会人や主婦の方向けの授業をやってくれているのも、一般的な予備校とは少し異なる層にもアピールしている点で優れています。
大学進学を目指すのは高校生がほとんどになるものの、中には大人になってから学び直したいとして再受験を考える人も意外といますが、そうした人向けのコースもしっかりと用意しているため、大学合格を目指すことが可能です。
ブランクがある方は基礎レベルのことも忘れているため、いきなりレベルの高い授業を受けてもダメですし、ペースも高校生に合わせるのが大変なこともあるでしょう。

監査ってそもそも何が目的なの?

というのを考えた時に受験生目線で1番わかりやすいのは、予備校で受ける「答練」や、健康診断が近いかもしれません。


監査によって「どこに問題があるのか」が分かります。
pic.twitter.com/3e6PSq0su3

— 太陽監査法人リクルート (@Taiyo_Recruit) 2019年11月22日

四谷学院は、大学受験予備校としてこれまで長い実績を持っている : いきなりレベルの高い授業を受けてもダメです : 実績があるからこそ安心して任せることができます